英語の時間と休み時間

ちょこっとタメになる独り言

今までやり過ごしていた英文法の疑問に答えてくれる1冊

筆者を含め多くの日本人が「数えられる名詞には a/an をつけて、[1つの] を表すんだよ」「2回目に登場して来た時に a /an は the に変わるんだよ」と教わる。しかし、本当にそんなに単純なことなのだろうか?数年前まで働いていた英会話教室で数名の方から[the] の使い方が良く分からないという質問を受けたことがあるが、忙しかったこともあり、ずっと「[the] は共通認識です。」くらいでやり過ごしていた。

なんとなく気にもせずに流してきた「冠詞」の疑問だったが、何か良い解答はないかと本屋を物色したところマーク・ピーターセンさんの『日本人の英語』という著書に興味深い答えが書いてあった。

f:id:case-k0718:20220122035814p:plain


細かいことは著作権の問題などもあるので紹介はできないが、一例をあげると以下のようなことが書かれている。

「I ate a chicken. と表記するとネイティブは血まみれになりながら一羽の鶏を私が食べたというイメージをもつことになる。つまり、「[ a ] はアクセサリーではなく、むしろ[a] の方に重要な意味が含まれているのだ。」(かなり要約してる)
「名詞に[a]をつけるという考え方は、実際には英語の世界には存在しない」

さらに本書では「不定冠詞や定冠詞」に関する疑問だけではなく、「前置詞」や「時制」に関することなど多くの方が「なんとなくでやり過ごしていた疑問」にユーモアを交えてある程度の解答を出してくれている。(もちろん、言葉の成り立ちを考えれば絶対的な文法など存在しないと筆者は思っているし、もしあるとしても1冊の本でまとめられるほど単純な訳がないので、この1冊で全てがクリアになる訳ではない)

他にも、たとえば「鶴は双眼鏡で観察された」を英訳するとどうなるだろうか。きっと多くの方が [ The cranes were observed by binoculars.] なのか [ The cranes were observed with binoculars.] なのか、つまり「手段のby」で表すのか「道具のwith」で表すのかで悩むのではないだろうか。どちらでも良いのではないかと思うかもしれないが、本書は納得がいく形でこのような疑問に対する解答も示してくれている。

英語の初心者の方や、英検やtoeicのテスト対策を第一に考えている方にはあまりお勧めできないが、「今まで何となくやり過ごしてきた細かい英文法」や「そうだと教えられてきたけど納得がいかない英文法」に関して知りたいという方にはお勧めの一冊だ。

では、今日はここまで。

またね!!

 

忙しくて心が疲れたときに読むお勧めの本2選

みなさんは「お江戸系youtuberこと堀口茉純」という方をご存じだろうか。「三度の飯より江戸が好き」という彼女の掴み文句にもあるとおり、彼女の江戸に関するは造詣は驚くほど深く、江戸に関する小話や豆知識を5分程度の動画にして視聴者に提供するというのが彼女のスタイルだ。その知識の幅広さもさることながら、彼女がその配信を10年以上全くブレずに貫いていることには全く脱帽である。そんな筆者は彼女の不定期にあがってくる動画を不定期ながら楽しく拝見している一人の視聴者だ。

 

彼女の動画チャンネルは2年ほど前までは登録者数が1000人ほどだったが、今や6万人に達しようかというほどの人気を博している。密かな江戸ブームが来ているのだ。筆者は真面目にそう思っている。

 

そこで、本日1冊目に紹介するのは杉浦日向子さんの「一日江戸人」という本だ。

 

f:id:case-k0718:20220121003108p:plain

 

江戸っ子の一日や江戸人の旅行の仕方、さらには将軍の一日、歌舞伎役者の収入など、杉浦さんの紡ぐ江戸に関するエピソードは常にその視点が面白い。面白いだけではなく雑学として知っておいても絶対に損はしない話がぎゅっと詰まっている。そんな内容の一冊だ。

 

「暑いからパァっ休んじまおう」江戸人は夏休みを1ヶ月とる。しかし、江戸人は貯金がない。そこで見るのも暑苦しい布団を質屋に入れて金を用意したら、バカンスを心行くまで楽しむ。冬になったら蚊帳を質屋に入れて布団を取り出すから大丈夫。(・・・次の年はどうするのだろうか?次の年は次の年に考えるのだろう。)

 

忙しい時代に生きる私たちは江戸に生きる人々の様にはなれないけれど、「お金はないけど働きたくない。」「その日その日を食いつないでいればなんとかなるさ」とのんびり生きていた江戸人のことを空想すれば少し肩の荷が下りるかもしれない。

 

もし、この本が面白いと感じた方は両国にある江戸東京博物館に足を運ばれることをお勧めする。

 

 

本日2冊目にお勧めする本はジェニファー・L・スコットさん(神崎朗子さん訳)の「フランス人は10着しか服をもたない」だ。

 

 

これは文字通りフランス人のクローゼットには春・夏物用の10着と秋・冬物用の10着しか入っていないということなのだが、そこからフランス人の質素だけれどもエレガントな生き方を学ぼうというのがこの本のコンセプトだ。著者が女性であるためフランス人の化粧の仕方などの女性向けのトピックが随所に見られるが、それらの根底に見られるフランス人の生活に対する姿勢はジェンダーレスである。

 

あなたは高級な食器を普段使いしているだろうか?高かったという理由で購入した服を着ずにクローゼットに眠らせたままにしていないだろうか?

普段背筋は伸びているか?本を読んでいるか?外見ではなく知性を磨いているか?人生は短い、毎日がかけがえのない一日なのだ。楽しまないのは絶対に損。そんなことをフランス人は教えてくれる。

 

そんな中でも筆者が一番好きなのは・・・

 

フランス人は初めてあった人に「あなたの出身はどちらですか」みたいな退屈な話はしない。彼らは初めて会った人に「今、どんな本を読んでいるんですか」と尋ねるような人たちなのだ。

 

ここだけ読んでもハッとさせられる方は多いのではないだろうか。(筆者もその一人だ)今までなんてつまらない会話をしていたんだろうと反省である。実際、初対面の人にこんなことをサラっと言われたら男だって素直にかっこいい人だなと思ってしまうだろう。

 

朝はぎりぎりまで寝て、シャワーをさっと浴び、朝食はコーンスープ一杯ですませるような毎日にうんざりしているのなら一読の価値ありだ。

 

では、今日はここまで。

またね!!

 

前向きになりたいときに読む本 ①

f:id:case-k0718:20220122123216j:plain


 

 

人生は山あり谷ありで、その山や谷と同調するように人の心もマグマのように熱くたぎったり、氷のように冷たく閉ざしてしまったりと忙しない。

今日は仕事や人生でここ一番やる気を出さなければいけない、気持ちを上げたいという時にお勧めしたい本がある。『ココ・シャネルの言葉 CHANELである。

 

シャネルの人生をかいつまんでまとめると・・・

 

幼少期を孤児院で過ごしたシャネルは生涯を独身で過ごす。一流の男性たちとの熱愛報道に事欠かない彼女だったけれど、結婚には至らなかった。もちろん様々な理由はあるだろうが、その一つは間違いなく仕事を愛していたからだろう。「マドモアゼル」とは未婚女性という意味のフランス語だが、この言葉が固有名詞として使われる時、それは仕事を第一に考えるシャネル自身を意味した。それほど、彼女が世界に与えたインパクトは大きかったのだ。


「流行は変わるけれどスタイルは変わらない」を信条とした彼女は19世紀的なファッションを全て壊していったが、その背景にあったものは「嫌い」をとことんつきつめていくという彼女の生き方だった。その結果、彼女は今までに見た事のないスタイルを次々と生み出していった。


「かけがえのない人間でありたい」という彼女の思いが、人と同じであってはいけないという生き方につながったのだろう。そして、その精神がシャネルというブランドを唯一無二の存在にしたのだろう。しかし、晩年「人と同じであってはいけない」と言っていた彼女だが、自身の未婚であることを後悔するかのような発言をしたこともある。ここに彼女の隠されていた弱さを見ることが出来るだろう。彼女は常に強い言葉を社会に投げかけていたが、それはもしかすると自分の弱さが世間に露見することを、または自分自身が気づいてしまうことを恐れたのかもしれない。非常に奥深いところである。

 

シャネルというブランドを世界的なものにした彼女だったが、第二次世界大戦という時代の大きなうねりに飲みこまれてしまった。彼女は56歳のときに全ての店を閉めてスイスで隠遁生活をおくることを決意した。引退である。今までに築き上げた富や名声、さらには自身の年齢を考えればもう充分だ・・・普通の人はそう考えるだろう。しかし、彼女は違った。71歳で現役復帰を果たしたのだ。そして彼女は死ぬ間際までトップランナーとして世界のファッション業界をけん引したのだ。彼女が亡くなったのは働くことが出来ないという理由で彼女が最も嫌っていた日曜日であった。享年は87歳だった。

 

 

筆者なりにシャネルの人生をまとめるとこんな感じだが、もっと詳しく知りたい方は没後50年を記念して昨年公開された『ココ・シャネル時代と闘った女』というドキュメンタリー映画を見ることをお勧めする。

 

そんなシャネルが残した言葉に感化されないはずがない!この本は、シャネルの哲学を通して仕事だけではなく読者の生き方そのものに大きな影響を与える本だ。前向きに力強く生きたい、そう願っている人にはうってつけの本だ。

 

ページ数は200ページを少し超えるが、1時間もあれば十分読むことが出来る。忙しい人にも丁度よいかと思われる。

 

では、今日はここまで。

またね!!

 

 

 

 

 

男を磨け!ダンディズムの真髄をハードボイルドに見るの巻

世の中にはハードボイルドというジャンルが存在する。ストーリー展開よりも男性的な格好良さ、渋さを全面に押し出した作品を表現する言葉だ。北方謙三氏、大沢在昌氏、馳星周氏あたりのビッグネームの作品を数冊読んだばかりだが、とにかく主人公が男性フェロモンをこれでもかと言わんばかりに振りまき、ヒロインの瞳はいつのまにかハートマークになっているというのがお決まりのパターンのようである。

 

そう、ヒロインはいつも主人公にメロメロなのだ。そこで女性とは縁の遠い筆者はこのハードボイルドから幾ばくか女性を魅了するヒントを得ることが出来るのではないかと思い立ったのである。

 

早速本棚を漁るが、ハードボイルドとは真逆の生活を送る筆者の手元にそれらしき本ない。なんとかハードボイルドの基準を3段階くらい緩めたところに村上春樹氏の小説があった。賛否両論はあるだろうが、「風の歌を聴け」はぎりぎりハードボイルドという独自判定を下して本日はここからダンディズムを学ぼうと思う。

 

 

ダンディレベル1・・・渋い・クールな返し

 

「私が間違っていたと思う?」に対する回答

「はっきり言って、みんなまちがっているのさ」

普通に格好良い。酒を飲みながらサラっと言えたらポイント高し。ただ、自分が原因で起こった喧嘩の最中にこれを言ったらもう収拾不可能。

 

 

小銭を貸してあげた女性から感謝されたときの回答

「構いませんよ。おかげでずいぶん体が軽くなった」

今の時代、小銭が必要になることは稀であるが、この精神が大切。「ありがとう」と言われたときは「感謝するのはこちらの方だ」の精神で返すこと。

 

 

「ねぇ、私っていくつに見える?」といわれたときの回答

「28」

「うそつきね」

「26」

定番と言えば定番。しかし、何事も基本が大切。「28」はアレンジ可。やり過ぎは逆効果。

 

 

食事に誘うが断られたときの回答

「僕も食事は一人で食べるのが好きだけど、たまには習慣を変えてみたいんだ」

まぁ、一発逆転の可能性はありそう。しかし、下手をすれば余計嫌われる可能性もあるので慎重に。

 

 

相談したいけれど相談することをためらっている女性に対しての回答

「話した方がいい。第一にどうせ誰かに話すことになるんだし、第二に僕ならそのことについて誰にも話さない」

本当に女性が相談したいことがあるのかどうかの判別がめちゃくちゃ重要。そこを見誤るとただ自分が相手の悩みのタネになるだけ。

 

 

相手に直感は鋭いかと聞かれたときの回答

「鋭くないけど、あればいいなと思う。女の子と寝るときに使えるかもしれない」

・・・格好良いかもしれないけど、ただのセクハラか・・・。

 

 

ダンディレベル2・・・はまればウケル!?ちょっとヤバい返し

 

不満を述べる女性に対しての回答

「人間は生まれつき不公平に作られている。ジョン・F・ケネディの言葉さ」

ジョン・F・ケネディ!?今の時代に?具体的にいつそんなこといったの?など突っ込まれたら爆死。

 

 

あのときはごめんなさいと謝られたときの回答

「僕のことなら気にしなくていい。それでも気になるなら公園に行って鳩に豆でもまいてくれ」

これを言われた女性は「うん。」と返すのが限界か。ノリの良い女性なら男性のハードボイルドの世界に少し付き合ってくれるかも。

 

 

ダンディレベル3・・・くさやの効果?もしかしたら相手の病みつきになるかも

 

○○な女性に会ったことはあるかと聞かれたときの回答

「いいえ。でも、神経痛の牛には会ったことがある」

爆笑かどん引きかの2者択一。どん引きがやや優勢か。

 

 

悩んでいる女性に対しての回答

「誰だって何かを抱えて生きているんだよ。そんなとき、僕はシェービングクリームの缶を握って泣くんだ」

言われた相手の頭は「?」で一杯に。もしかしたらその悩みも吹っ飛ぶかも。

 

 

動物が好きという女性に対する回答

「インドのバガルプールにいた豹は3年間に350人を食い殺した。そして豹退治に出向いたイギリス人のジム・コルベット大佐はその豹も含めて8年間に125頭の豹を撃ち殺した。それでも動物が好き?」

嫌われるわ!!

 

 

ダンディレベルMAX・・・ダンディすぎてもう理解不能

 

本当のことを聞きたいかときかれたときの回答

「去年、牛の解剖をしたんだ。腹を割いてみると胃の中には一掴みの草しか入っていなかった。僕はその草をビニール袋に入れて持ち帰り、机の上に置いた。それで、何かいやなことがある度に草の固まりを見てこんな風に考えるんだ。なぜ、牛はこんなまずそうで惨めなものを何度も何度も大事そうに反芻して食べるんだろうってね」

めちゃかっこいいことを言っていることは認める。認めるが長い。たぶん、「僕はその草を」あたりで、「何言っているの?」の突っ込みを食らって終了、微妙な雰囲気になること必死。

 

 

まとめ

 

如何だっただろうか。こうやって文字に起こすとハードボイルドの世界を現実に持ち込むことも不可能とは言い切れない。何事もトライの精神が肝要かと。女性との関係を築く際の参考にしてもらえたら幸いだ。

 

 

では、今日はここまで。

またね!!

 

飯ごうで意味もなく米を炊く。意味のないことが人生を豊かにするのだの巻

休日で昼過ぎまで寝てしまった。特にやることもなくリビングでamazon primeをだらだらと見て過ごすがつまらない。折角だからブログのために何かをやってみようと考えた。

 

ふと図書館の雑誌を片っ端から利用した懸賞生活でかなりの財をなしたという主婦の存在を思い出した。その主婦の話だとあまり人気のなさそうな雑誌を選んで懸賞を出すと結構当たるとのこと。それは面白そうだとさっそっく近くのコンビニで葉書を10枚とボールペンを一本購入し、図書館へ向かった。

 

f:id:case-k0718:20220116225415j:plain

 

嘘だろ。休館日は火曜日のはず。調べると現在庁舎を立て替え中で図書館もそれに伴って休館しているとのこと。

 

「もう、俺!!いっつもそうだろ、俺!!」」

 

無意味に700円を使うだけの結果になった。

まぁ、いつも通りの展開だな。

 

家に帰ってきてやることもない。取り敢えず米でも炊くか・・・。

 

そうだ!飯ごうでご飯を炊いてみよう!!

 

f:id:case-k0718:20220116225504j:plain

 

電気屋の家電コーナーを歩けば、今や10万を越える炊飯器も珍しくないこの時代に、筆者はあえて飯ごうで米を炊こうと思った。しかも家の中で。

 

f:id:case-k0718:20220116225536j:plain

 

米の量は適当。カップで1合、2合と計ってもいいけれど、筆者は炊いた米を冷凍庫で保存するだけなので多めに炊く。

 

米を炊く上で重要なことは3つ。水の量と・火力&炊く時間・蒸らす時間・・・だと思っている。それさえ外さなければしっかりと炊くことができる。「はじめちょろちょろなかぱっぱ、赤子が泣いても蓋取るな」なんて全く考慮しない。

 

f:id:case-k0718:20220116225612j:plain

f:id:case-k0718:20220116225907j:plain

 

水の量は、中指の第一関節より少し上・・・。って指の構造は人それぞれだろ!!っていうことで指の長さを測ってみた。水の量は米よりも3センチから4センチくらい上がめやす

 

f:id:case-k0718:20220116230125j:plain

 

米が水を吸うのを20分ほど待つと筆者は小学生の頃家庭科の授業で習ったが今はもう気にしない。

中火で火にかけ10数分もすると湯気が吹き出てくる。そこから4〜5分様子を見る。香ばしい香りが立ちこめたら出来上がり。重要なのは嗅覚を研ぎ澄ますこととビビらないこと!!まだ炊けてないのじゃないのか、もう少し火にかけといた方がいいような気がする。そのように考えていると底が真っ黒に焦げる。人生と同じで勢いが大切。炊けてなかったら雑炊にすればよい!!それくらいの気持ちでエイっと火から離す。

 

[leap before you look・・・見る前に跳べ]

英語の勉強にもなる。

 

f:id:case-k0718:20220116230334j:plain

 

約20分ほど蒸らす。絶対に蓋を開けてはいけない。

 

f:id:case-k0718:20220116230415j:plain

f:id:case-k0718:20220116230437j:plain

 

出来た!!

うん。おいしく炊けた。

 

 

まとめ

 

大切なのは水の量・火力&炊く時間・蒸らす時間

失敗をおそれない心

 

炊飯器を使っているから別にわざわざ飯ごうや土鍋で米を炊く必要性はないと思う。しかし、炊飯器が無くてもご飯が炊ける方が炊けないよりもちょっと良い。来年の夏にキャンプを考えている方もそうでない方もぜひ参考にしてみてね。

 

というところで、今日はここまで!!

またね。

足元が暖かければ多少の寒さは我慢できるのか?

築数十年になる木造建築の一室に筆者の働く塾がある。壁を叩くと何とも軽やかな音がする。古き良き昭和時代の建物だ。これらの木造建築は最近建てられた鉄筋コンクリートのマンションとは違い、木が呼吸をしているためか隙間風が入ってくるためかは分からないが冬はとてつもなく寒い。エアコンをつけても窓を背にして座る筆者の席は凍えるほど寒い。とくに年明けは気温もはかなり低く、余りの寒さに耐えかね、前半の授業と後半の授業の合間に足湯を強行せざるを得ない状況であった。

 

f:id:case-k0718:20220115211402p:plain

後ろからの冷気がとんでもないことになっている

しかし、風呂場で足湯をするとなるとバスタブに湯が貯まるまでに時間がかかるし、縁の座り心地が悪いというも問題がある。今までにも何度か足湯器の購入を考えたことはあるが筆者の貧乏性ゆえに購入ボタンを押すまでには至らなかった。しかし、今年は実際に体調を崩してしまうくらいに寒いことと、毎回風呂場で足湯を決行する馬鹿馬鹿しさから余り悩まずにあっさりと購入することが出来た。

 

f:id:case-k0718:20220115211650p:plain

amazonで10%オフの5,199円で購入

 

f:id:case-k0718:20220115211940p:plain

中身はこんな感じ。バブル機能も付いている

 

色々とamazonで物色した結果、保温機能の付いている足湯器を購入した。

デジタルの部分に温度が表示され35-48度まで選択可能。ただ、45度のお湯すら熱すぎて10秒と足を入れていられなかったので48度の設定で足湯する人がいるのかは疑問。

 

あと、お湯の温度を1度あげるのに約1分から2分かかるので、筆者のように最初に水を入れると適温になるまでに30分くらいかかる。最初からお湯を入れるのがお勧め、という当たり前のことも書いておく。

 

 

f:id:case-k0718:20220115212804p:plain

足湯で体を温めながら仕事が出来る

足湯ってこんなに気持ちいいのか!?何となく風呂場で強行する足湯とは違う。鉄のように冷たくなった両足を湯に付けた瞬間の気持ちよさは是非体験してもらいたい。ただ、お湯を目一杯にいれたところで足首あたりまでしか湯につかれないのは残念だった。結果として、湯の温度を43度くらいまで上げたとしても汗をかくほど体全体から暖かくなるということはなかった。1時間位付けっぱなしにするとブザー音がピーピーピーとなり勝手に電源が切れる仕組みなのだが、3時間位余裕で入っていられるくらいの足湯を想像してもらえば良いかと思う。

 

がっつり汗をかくくらいの足湯がしたいのならもっと底の深い足湯器を購入する必要があるだろう。しかし、当然のことだが値段は高くなる。やはり筆者はここ一番体の芯から温まりたいときには風呂場に行くことになりそうだ。

 

おまけ

 

筆者の友人も足湯の愛好者で筆者が購入した足湯器が見たいと言ってきた。写真を送ると少し興奮気味に「デジタルのついている足湯器なんて見たことが無い。その足湯器はかなり高かったんじゃないのか?」と聞いてきた。アメリカにはデジタル付きの足湯器がないのか??と思いアメリカのamazonを覗くと普通に売っていた(爆笑)値段は安いので48ドル程度。1ドル115円で計算すると約5500円。あまり日本と変わらなかった。(ちなみに送料が50ドルくらいかかる笑)

 

1回の使用で筆者のように2・3時間ぶっ続けで使用しても簡単には壊れないのかなどまた何かあればレビューします。

 

では、今日はここまで!!

またね!!

 

 

 

 

 

 

 

黙ったら負けよあっぷっぷ。英語で困った時のcheat教えます

今日の授業で中学1年生の子が「副詞の位置」について筆者に噛みついてきた。英文法における副詞は日本語のそれとは全く違う。文の構成要素にならない副詞はその設置される場所においてもかなりの自由が許されているのだ。だから、[I played baseball yesterday.] を [Yesterday, I played baseball.] と言っても通じるし、なんなら [I yesterday played baseball.] といっても勿論お勧めはしないが理解してもらえる。ところが、そのような話をしたところ中学1年生の子は「正しい英語はどれですか」と突っ込んできた。筆者は[I played baseball yesterday.] と書いておけばテストでは○をもらえるよと答えた上で「言葉に正しいも正しくないもないんだよ。みんな自由に話していいんだよ」とメッチャ大切なことをモッサ熱量込めて伝えた。「へぇ」と間の抜けた声を出さんばかりのポカン顔をされた。言葉は自分の意図したようにはなかなか相手に届かないものだ。

 

本日のブログで言いたいことは「間違った英語でも正しく伝われば正義!!」だということ。黙られたら相手も困るだろうし、困られるだけならまだしもそれを逆手にとって流暢な英語でシドロモドロしている日本人を丸めこもうとしてくる輩もいる。身振り手振りを交えてでも、声が大きめになり文法めちゃくちゃになろうとも、伝えようという気持ちを前面に出して立ち向かっていかなければならない。

 

とはいっても、どう言っていいか分からないから黙っている状況の人に、「とにかく話せばいいんだ!」「話さなければならないんだ!」というのは9回2アウト満塁で青ざめているバッターに「ホームランを打て!」のサインを出すのと同じくらい理不尽だ。

 

そこで筆者がお勧めする[cheat = ズル] (文脈によっては「浮気」)を紹介しようと思う。まったく正しくない英語だが、通じる英語だ。

 

[give] と [get] を「名詞」と絡ませる方法だ。

 

「名詞」を[give] に乗せて相手に投げる。「名詞」を[get] に乗せて受け取る。この感覚を身につけるだけで英会話はかなり楽になる。

 

たとえば、「昨日、covidのワクチン打ってきたよ」と言いたいときに、きっと多くの方が「ワクチンを打つ」の「打つ」の部分で止まってしまうのだと思う。しかし、先述したように「ワクチンという名詞」を受け取っている感覚で[get vaccine]と言えば十分通じる。もちろん正しくは[get vaccinated] だが、多分誰も何も言わないと思う。

 

筆者の友人もそこらへんの細かいミスは全てスルーしてくる。先日筆者が「I bought the foot spa yesterday.] というべきところを[I fought the foot spa yesterday.] といっても何一つ指摘されなかったのにはさすがに驚いたが、それに比べればである。

 

この[give] [get] を名詞に絡ませればかなりのケースが補える。変な英語だねなんて笑う外国人がいたら「あっ、伝わっているんだ」と喜んでしまえば良い。

 

「腹いてえ」→ I got a stomachache.

「だまされた」 → I got a lie.

「かゆい」 → I got an itch.

「電話が鳴る」→ I got a phone call.

 

「あいつを困らせてやったぜ」 → I gave a hard time to him. 

「新宿の街を案内するよ」 → I will give the street information around Shinjuku.

「駅まで車で乗せて行ってあげるよ」 → I will give the ride to the station.

 

当然、上記に述べた文章は奇妙極まりない英文です。しかし、身振り手振りを交え、さらにそのときの状況及び文脈を考えれば絶対相手に伝わる。

 

正しくなくてもいい!!伝わればいい!!受験指導では絶対に口が裂けても教えられないcheatな話。あとは練習あるのみです。内角を狙いえぐるようにして打つべし!打つべし!

 

では、今日はここまで!!

またね!!